スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
店づくり。
豆腐屋であれば、

お客様が商品を見やすいようにとか、
お客様が商品を手に取りやすいようにとか、
お客様がつまずかないようにとか、
お客様が幸せな気分でお帰りいただけるようにとか、

といったことに気を配ることは当たり前ですね。 
僕も、もちろんお客様の立場にたっての店作りを構想しています。

先日、かみさんの誕生日で、
「聖林館」にに行ってきました。

昔のSAVOY、言わずと知れたピザの名店。
なんだかんだいって、僕にはここのピザがNo.1です。
新しくなったお店に入り僕は、
デビッド・リンチの「イレイザーヘッド」を思い出しました。

剥き出しの配線や、コンクリートが無機質で冷たい印象を醸しだし、
そこここに使われているアイアンが、見る者を威圧する。

オーナーの柿沼さんは、どうしてこんなお店にしたのかなぁと、
最高のピザをいただきながら考えました。

舞台・・・
自らが光り輝けるような舞台装置。

最高のピザを焼くために、
この無機質な空間は存在しているのだと思いました。

柿沼さんとはお話ししたことはありませんが、
このSAVOYで働いていた方から聞いた話によると、
柿沼さんはお正月以外毎日ピザをひたすら焼き、
そうしていることが最も幸せなのだと。

そして10年がたち、
さらに美味しいピザを焼き続けるために、
自からが最高のモチベーションを保てるように。

僕は僕で、うまい豆腐を作り続けるために、
神崎という土地を選び、最高の舞台をつくります。
| 周浦宏幸 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:07 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Sponsored Links

Profile

時計

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode